ウオロク中央店

2019年8月31日閉店
新発田市中央町3丁目6-17

1962年11月の開店から、57年間営業を続けてきたウオロク中央店が、2019年8月31日をもって閉店。「株式会社スーパー魚六」の一号店としてオープン以降、ウオロクの歴史を語るには外せない店舗として君臨。

平成に入った頃には、中央店を中心とした新発田市街地には、各テナントを有したユアーズウオロク新発田店のほか、御幸町店や外ヶ輪店などの小型店舗も存在し、ドミナント化の先駆けとなっていました。

以降、周辺店舗のリプレイスを進めるものの、スーパー起業当時の面影を残す唯一の店舗として営業を継続。しかしながら、近年では閉店時間の短縮など、営業内容の見直しも進められていたようです。

店舗は間口が狭く、奥に細長い、商店街立地特有のレイアウト。
中央店の場合、店舗奥で行きどまりの折り返し導線ではなく、裏側にも出入口があり、裏通りに沿って流れる、堀の様な新発田川を望めるなど、印象的な店舗でした。

閉店後の受け皿は、1キロ範囲内の住吉店となりますが、ご年配の顧客にとっては少々、距離があるのかと感じます。

ウオロク中央店。

長い間お疲れさまでした。
ありがとうございました。

j-rakuda

管理人teru 新潟のスーパーマーケット情報サイトやってます。 PC:http://www.j-rakuda.com/ Twitter:https://twitter.com/j_rakuda