出禁でも懲りない面々Ⅱ

前回公開した「出禁でも懲りない面々」に反響をいただきましたので、記憶をたどってもう少し書いてみます。

惣菜のばら売りをかじって出禁

フランクフルトやアメリカンドッグ、串カツや焼き鳥などの、お惣菜の串ものばら売りコーナー。パートさんが揚げたてを追加しようと、売り場の目皿バットを見ると、かじったフランクフルトが。毎日ではないものの定時になると、かじった串もの惣菜がケースに転がっています。変な話、全部食べ切って串をごみ箱に捨ててくれればいいものを、中途半端に別商品に混ぜられると、衛生管理上、たまったものではありません。

いつもは温和な惣菜主任が、血相を変えて事務所に怒鳴り込んできます。
「このままだと、食中毒騒ぎで店がつぶされる」

幸い、早い時点で犯人特定となり、注意して一件落着。…とはいかず、今度は缶詰売り場や雑貨売り場など、比較的人通りの少ない死角に、かじった串が放置。別のお客からクレームがついて、慌てて回収に向かいます。

輩は前回で学習したのか、惣菜売り場でかじらずに、死角まで隠し持ってかじったわけです。結局、後の現行犯確保をもって出入り禁止を言い渡されますが、しばらくはかじった串が店内各所で見つかる始末。

「あの店には変なネズミがいる」なんて、噂でもたったら致命的。食中毒なんてことになったら、もう終わりです。売り場で惣菜をかじるのは、本当にやめてほしい。

ハンドバッグやポケットに詰め放題で出禁

畜産部のお肉詰め放題。冷凍ナゲットやウインナー、ミニハンバーグやミニソーセージなど、我が店舗では人気イベントの一つ。週末なら午前中、平日なら夕方にお客が群がって競って袋に詰める景色はご存じのとおり。しかしながら、どさくさに紛れて自分のハンドバッグやポケットに詰めて、しれっと立ち去るお客も。

会計時に財布を出そうとした際、ポケットからウインナーとナゲットが転げ落ちてバレるという。清算前だったので、「袋が無かったからポケットに入れただけ!」と、どう考えても苦し紛れの言い訳ともとれない言い訳をするわけです。しかしまあ、ハンドバッグやポケットに、脂やにおいが付くでしょうに。

このお客は畜産以外にも、「肌色の某乳酸菌飲料」詰め放題でも同じように事におよんでおりました。この時点では、日配の品出しをしていたパートさんが機転を利かせて「袋をお使いください」と声を掛けましたが、現行犯確保までのタイミングが合わずに取り逃がすことも多く、かなり後まで要注意人物となっていました。

結局のところ、袋詰めの万引きではなく、お弁当を万引きして出入り禁止となるわけです。

キャベツの外葉で万引き隠して出禁

青果売り場では、キャベツの時期によって外葉を捨てるダストボックスを用意します。時にはたまった外葉を持ち帰るお客も。理由は家庭菜園の肥料にしたり、ペットの餌にしたりさまざまですが、当時勤務の店舗ではお客が無断で持ち帰っても、特に問題にはしませんでした。担当者からすると、持って帰ってくれたほうが、ごみが減っていいという。

しかしある時、ホタテとカニの缶詰を万引きして現行犯確保となった輩がいたのですが、さらには持っていたズタ袋に、大量の外葉でドライ菓子やサラミを隠している始末。

「なんでこんな高い商品ばかりを狙うんだ!」と、店長は怒っておりましたが、そりゃ高価な商品だから万引きするでしょう。新入社員でもあるまいし、何をいまさら。

この輩は常習だったので警察に通報したものの、事務所の椅子から離れようとせず、引きずられるようにパトカーに乗せられていった記憶が。もちろん、出入り禁止に。

逆の意味で、ダダより高いものは無い。ということで、以降はダストボックスに「外葉をご要望の場合は、店員にお声がけください」と記すことに。


ただでさえ忙しいのに、無駄な労力を費やす輩は、もう二度と店には来ないでほしい。

j-rakuda

管理人teru 新潟のスーパーマーケット情報サイトやってます。 PC:http://www.j-rakuda.com/ Twitter:https://twitter.com/j_rakuda